注文住宅の土地代はどのくらい?

注文住宅の土地代の相場

注文住宅の土地代の相場 内装から外装まで、限りなく自身の希望に見合った家を手に入れられるのが注文住宅です。
昨今は戸建て住宅を手に入れる際に人気となっている建築方法で注目を集めています。
この注文住宅を建てる場合の土地代は、約500万~1,000万円が相場です。
この価格に幅があるのは都心部と郊外で地価が異なるためであり、土地面積は平均的な戸建て住宅の延床面積である100平方メートルで換算しています。
注文住宅の場合、まず最初に基礎となる土台建設から始まるので最低でも60平方メートルの土地が必要です。
その後エクステリア・ガレージの建設も考慮していくと100平方メートル強の土地が住宅建設時に欲しい広さです。
2020年5月現在、日本国内の平均地価は1坪あたり約5,4万円なので少なくとも800万円の土地代と見積もっておくといいでしょう。
この価格は建売住宅で土地と共に建物を購入する時よりもお安くなっており、既に土地をお持ちの場合は新たに資金を用意する必要はありません。

注文住宅のこだわりと頭金の準備を進める必要性

注文住宅のこだわりと頭金の準備を進める必要性 快適な住まいとなるように、さまざまなことにこだわることができる注文住宅に注目する方もたくさんいます。
あこがれのマイホームを持つ前に、住宅ローンの返済が始まっても冷静にお金のことを考えて備えられるように、シミュレーションをしっかりとおこなうことは必要です。
注文住宅でこだわりたいことが多くあると、費用もそれなりにかかります。
できるだけ負担を抑えることができるように、事前に予算を決めることで、月々のローンの支払いの負担を抑えていくことができます。
どうしても妥協したくないことがある方は、お金をこつこつと貯めていき、ローンを組む前に頭金を用意することで、月々の返済額の負担を抑えていくことが可能です。
毎月の収入からローンの返済をおこなうだけではなく、将来のこともきちんと考えて貯金ができるなど、収入と支出のバランスを考えていくことが求められます。
きちんと貯金ができていると、収入が下がってしまうなど、もしものときに柔軟に対応できるようになります。